• HOME
  • ブログ
  • hawaii
  • 【クアロアランチ】eバイクツアーはスリル満点!持ち物や注意点など詳しくご紹介

【クアロアランチ】eバイクツアーはスリル満点!持ち物や注意点など詳しくご紹介

hawaii

前回のハワイ旅行でクアロアランチに新しく追加されたアトラクション、「eバイクツアー」に参加してきました。

eバイクとは電動自転車の事です。

クアロアランチで風を感じながらeバイクで走るのは、凄く気持ち良かったですよ〜。

本記事では、クアロアランチの所在地、eバイクツアーの詳細、注意点や服装などを詳しくご紹介していきます。

クアロアランチの基本情報

クアロアランチがあるのはハワイ北東部。

「ジェラシックパーク」や「50回目のファーストキス」「ゴジラ」など映画のロケ地としても有名な場所です。

【クアロアランチ】

(住所)49-560 Kamehameha Hwy. Kaneohe, HI 96744

(営業時間)7時半〜18時

(カフェテリア) 7時30分〜16時30分
(営業日) クリスマス、元旦以外

eバイクツアーに参加しました

クアロアランチeバイクツアー

クアロアランチのeバイクツアーは事前に日本から予約していきました。

私が利用したオプショナルツアーはこちらです↓

゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

予約してある時間の少し前に「クアロアランチ」に着き、オプショナルツアーのバウチャー(印刷した用紙)を受付に渡します。

eバイクツアー受付を済ませたら、ヘルメットのサイズを選びましょう。

※ヘルメットは土がついているので汚いです。
もしかすると潔癖症の人には少しつらいかも…。

次にTV画面の前に集まり、参加者全員でeバイク操作方法のビデオを見ます。

正直ビデオを見ただけでは分かりづらかったので不安でしたが、その後練習する時間が少しありました。

ビデオを見た後は自分に合った電動バイクを選びます

タイヤが大きめのeバイクと子供用サイズのeバイクを選択できますが、私は子供用を選択しました。

タイヤが大きめのeバイクは安定性がありますが、もし転んでしまった場合eバイクを持ち上げるのが結構重たいです。

eバイクに乗るのが不安な方や女性の方は、子供用の小さいサイズがおすすめですね。

eバイクを選んだあと、少し運転の練習をします

クアロアランチはデコボコ道なので、めちゃくちゃ怖かったです。

しかも普段自転車に乗りなれてないので心の中で「私このツアーに参加して大丈夫なのか?」と一瞬不安になってしまいました。

eバイクツアーが始まるとスタッフの車が誘導してくれます。

もし何かトラブルがあっても車で誘導してくれるスタッフが助けてくれますので、安心してくださいね。



eバイクに乗ってみたら案外楽しい

クアロアランチ電動バイクツアー

電動バイクが初めてなのと、デコボコ道だったので最初は苦戦しました。

eバイクの注意点ですが、ブレーキを効かせたい時は両手でゆっくりと、ハンドルのブレーキを効かせてください。

一気にハンドルのブレーキを効かせてしまうと、反動で自転車が倒れてしまうそうなので気をつけて。

最初慣れないうちは運転が怖いかもしれませんが、eバイクを運転しているうちにだんだんと操作にも慣れてきますよ。

もし先頭の誘導車から離れてしまっても、何回も途中で止まってちゃんとついてきてるか確認してくれるので安心してeバイクツアーに参加できました。

eバイクツアーの服装や注意点

 

泥が跳ねますので汚れても良い服装がおすすめです

私はショートパンツとスニーカーで参加しましたが、スニーカーや足に泥が跳ねて汚れてしまいました。

あと手荷物ですがトートバッグなどを持ちながらeバイクに乗る事ができないので、リュックもしくは斜めがけの小さめバッグがおすすめです。

eバイクツアー中1箇所だけ撮影スポットがあり、そこで止まって撮影してくれるのですが自分のカメラやスマホなどを持っていかないと撮影できないので気をつけてくださいね。

風が強い日は透明のゴーグルのようなものか、サングラスがあると便利だと感じました。

海側から砂が飛んできて目の中に入ってきたのは辛かったです

クアロアランチのツアーは人気が高いので、ハワイに着いてからツアー予約しようと思っても満席で予約できないことが多いです。

私はハワイ旅行が決まったらすぐに、オプショナルツアーの「ベルトラ」からeバイクツアーを予約しました。

今回参加したeバイクツアーはこちらから予約できます。↓
゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

eバイクツアーが終わったら

クアロアランチeバイクツアー

eバイクツアーが終わってスタート地点に戻ったら、eバイクとヘルメットを返却して簡単なアンケートを記入。

eバイクツアーの受付の人が最初「無愛想だなぁ」ってちょっと思っていたのですが、

こちらから「I love Hawaii」とか「ハワイに6回来たことあるよ」「クアロアに来るのは3回目なの」など片言英語で話しかけたら向こうも心をひらいてくれ、

「僕も日本好きだよ」と笑顔で言ってくれて嬉しかったです。

やっぱりどの国でも「I love 国名」は鉄板ですね。
自分の住んでいる国を褒めれて嫌な気持ちする人はいないですから。

eバイクツアーが終わった後は、隣にあるスペースに馬がいっぱいいるので写真撮影しました。

帰り道にお土産コーナーもあるので、クアロアランチに来た記念に何か買うのもいいですよね。

トイレはお土産コーナーの奥にあるよ



クアロアランチeバイクツアーまとめ

•泥が跳ねるので服装は汚れてもいいもの

•風がある日は砂が飛んでくるので、サングラスがあると便利

•eバイクの運転に自信がなかったり、体力がない場合は子供用eバイクを選ぶべし

•トートバッグなどは持ち込めないので、リュックや斜めがけの小さめポーチが良い

•ブレーキをかける際はゆっくりとかける(一気にかけると転倒する恐れあり)

 

eバイクの運転を最初はびびってましたが、慣れてくると楽しかったです。

やっぱり自分で自転車を漕いで風を浴びるって、気持ちいいですよね。

↓eバイクツアーの予約はこちら↓
゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

ハワイに旅行する予定がある方は、是非クアロアランチに行ってみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)