飛行機に乗ったら耳が痛い!「航空性中耳炎」の予防法

飛行機
other

 

飛行機着陸時に耳が痛くなり「航空性中耳炎」になってしまいました

今まで飛行機に乗った際に気圧の変化で耳が痛くなった事はなかったのですが、今回初めて「航空性中耳炎」になりました。

「航空性中耳炎」になってしまうと、耳が痛くて観光どころじゃなくなってしまいます。

そこで今回は「航空性中耳炎」になる原因や症状、予防法などをご紹介していきます。

航空性中耳炎(気圧性中耳炎)ってなに?




「航空性中耳炎」とは、飛行機の上昇・降下の際に急激な気圧の変化により、鼓膜の内側と外側の圧力の差が生じ、

その圧力差により鼓膜が炎症を起こす中耳炎です。

高い山に登った帰り道やダイビングなどでも、「航空性中耳炎」の症状になる可能性があります。

航空性中耳炎の症状は?

「航空性中耳炎」の症状としましては、耳の痛みや耳がつまったかんじの症状がでます。

またくしゃみをした際に、耐えられないくらい耳の中が痛かったりします。

ひどい人は難聴やめまいなど起こす事もあります。

飛行機の上昇時より、下降時に起こる事が多いようです。

飛行機下降時に急激に耳が痛くなり、叫ぶくらい痛かったです。

航空性中耳炎になりやすい人は?




風邪をひいていたり、アレルギー性鼻炎や鼻づまりがあると「航空性中耳炎」になりやすいです。

老化すると気圧変化への抵抗力が弱くなる為、毎回「航空性中耳炎」の症状が出るケースもあります。

私は今まで飛行機に乗っていても耳が痛くなることはなかったのに、何で今回だけ「航空性中耳炎になったのだろう?」と考えたのですが、

風邪をひいていて鼻が詰まっていたので、それが原因で「航空性中耳炎」になったのだと思います。

機内で航空性中耳炎になってしまったら?

機内で「航空性中耳炎」になってしまったら下記の方法を試してみてください。

⚫︎ツバを繰り返し飲む

⚫︎あめをなめる、ガムをかむ

⚫︎あくびをする

⚫︎点鼻薬をさす

⚫︎はなをかんでからつまみ、軽く耳抜きをする

(力の入れすぎ注意)

 

※飲酒は耳管周囲の粘膜を腫脹させてしまい、眠ると唾を飲む回数が減ってしまうため避けた方が良いです。

航空性中耳炎の予防法はあるの?

「航空性中耳炎」の予防法としましては、離陸・着陸時の前に飴をなめるのが効果的のようです。

鼻が詰まっている場合は、点鼻薬を搭乗前と着陸30分前に使用しておきましょう。

他にも「気圧性変動用耳栓」というものがあり、使用すると多少の効果はあるようです。

私も次回旅行の際にまた、「航空性中耳炎になってしまったらどうしよう?とおもったので、さっそく「気圧性変動用耳栓」を購入しました。

↓私も購入した飛行機用耳栓はこちら↓

もし飛行機を降りても痛みや違和感がある場合は、すぐに病院に行きましょう。

私は耳鼻科でみてもらいましたが、耳の中が真っ赤に腫れていました。

病院では細菌による感染症に用いる薬と鼻炎の薬、鼻水を出やすくする薬を処方してもらいました。

まとめ

いかがでしたか?

一回「航空性中耳炎」になってしまうと「また次に飛行機に乗るときになったらどうしよう?」という不安があります。

⚫︎搭乗前と着陸30分前に点鼻薬をする

⚫︎あめをなめる

⚫︎鼻をかむ

⚫︎気圧性変動用耳栓をする

⚫︎航空性中耳炎になった時にすぐ飲めるように耳鼻科で薬を処方してもらう

 

次回飛行機搭乗時は、上記の事を実践して「航空性中耳炎」にならないよう予防したいと思います。

今まで「航空性中耳炎」になった事がない人も、もし「航空性中耳炎」になってしまうと旅行どころではなくなってしまうので、事前に予防する事をおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)