• HOME
  • ブログ
  • sns
  • インスタ映えのためにそこまでする?SNSはマナーを守って楽しもう

インスタ映えのためにそこまでする?SNSはマナーを守って楽しもう

sns

インスタに写真を投稿するなら誰よりも良い写真をアップしたいですよね?

気持ちはわかります。

しかし最近ではインスタ映えを追求するあまり、入っては行けない区域に侵入したり、迷惑行為をしている人が続出しています。

特にフォロワーが多い有名人やインスタグラマーが迷惑行為をしてしまうと、それを見たフォロワーの方がそれが悪い事だとわからず真似する人がでてきてしまいますよね。

本記事ではインスタ映えのためにそこまでする?と思った迷惑行為を書いていこうと思います。

進入禁止の場所に入ってまでインスタ映え写真を撮る人

インスタ映えの聖地サルベーションマウンテン

インスタ映えの聖地の1つといっても過言ではない場所、砂漠の中にぽつんと現れる「サルベーションマウンテン」

「サルベーションマウンテン」は晴れた日は上まで登ることができます。

なにが迷惑行為なのかというと、黄色以外の道を歩いたり進入して写真を撮ること。

きちんと「黄色の道を歩いてください」と書いてあるのにも関わらず、インスタ映えの為に黄色の道から外れた場所に入って写真をとっている人をsnsで見かけます。

最近でも有名なインスタグラマーが侵入禁止の場所で写真を撮ってsnsに投稿していたので、残念な気持ちになりましたね。

登ったらダメな木に登ってインスタ映え写真を撮る人

インスタ映えのためにヤシの木登る人

ハワイでは反り返ったヤシの木がインスタ映えスポットとして有名です。

私も実際にその場所に行くまでは知らなかったのですが、その木の近くにいくと「この木は登らないでください」と表記されてました。

その時思い出したんですよね。

ハワイ在住の人がこのヤシの木に友達を登らせて撮った写真をsnsにUPしてたなって…。

もうこういうのほんとガッカリしますね。

その人の本質を見たなって思いました。



インスタ映えのために違反行為をする人

インスタ映えのために違反行為をする人

ハワイのハレイワにある有名な看板「サーフボーイ」

路肩に車をとめて、看板と写真を撮るのが「インスタ映え」として人気のスポットです。

しかしこないだsnsで右側車線なのにわざわざ車を進行方向と逆の向きに車をとめて写真を撮ってた人がいました。

ここは交通量の多い道。

看板と車を並べてインスタ映え写真を撮るためにわざわざ車を切り返して、右側の路肩に車を反対方向で停めるのは危険な行為。

その人もその分野では有名なインスタグラマーです。

その写真を見た何人かがコメントで「違反行為だよ」と指摘したので数時間後には写真は消されましたが、インスタ映えのためならそこまでやるんだ…ってびっくりしましたね。

もちろんその場所に行った事がある人しか、違反行為をしているかどうかはわからないのでそれを知らない人は「いいね」を押してしまいます。

そういう影響力がある人がマナー違反をしてしまうと、フォロワーが真似をして写真を撮ってしまいハワイの人から「日本人はマナーが悪い」という良くないイメージになってしまいかねません。

インスタ映えのために大盛りを注文する人

インスタ映えのために大盛り注文して残す人

大盛りを普段から注文されてる方はもちろん問題ないのですが、問題はインスタ映えのために大盛りを注文する人です。

大盛りの写真だけとって、結局食べきれず残してしまう。

最近では甲子園球場近くの定食屋さんが食べ残しが多いことに心を痛め、「カツ丼の大盛り」を廃止した事も記憶に新しいと思います。

「お金払ったんだから食べきれないけど大盛り頼んでもいいでしょ」っていう考えは今すぐやめてほしいですね。

そもそもカツ丼の大盛りがインスタ映えするとは、私は1度も思ったことがないですが…。

インスタ映えのために美瑛町の花畑に入って問題になる人

インスタ映えのために花畑に入る人

北海道美瑛町のインスタ映えスポット「展望花畑 四季彩の丘」

外国人観光客や一部のマナーが悪い人が、花畑の中に入って写真を撮っている姿がニュースでも取り上げられていました。

もちろん海外の人と日本では文化や風習などは違うのでそういうトラブルが今後も起きるかもしれませんが、訪れる国のマナーを守って楽しんでほしいですよね。

まとめ

インスタ映えだけのためにこういう違反行為をしている人を見ると悲しいです。

私ももちろん完璧な人間ではありません。

写真を撮る際にはマナー違反にならないようには気をつけていますが、今後もインスタ映え写真を撮る際にはマナーを守って、気持ちよく過ごせるよう気をつけようと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)