• HOME
  • ブログ
  • mind
  • ギブ&テイクは過去の話?見返りを求めずgiveすれば成功者になれるかも

ギブ&テイクは過去の話?見返りを求めずgiveすれば成功者になれるかも

mind

人から搾取する人や損得のバランスを考える人は世の中多いですが、見返りを求めずにギブする人って少ないですよね?

結論から言うと、見返りを求めずにギブする人こそ最終的には信頼され成功者になれるんです。

本記事ではなぜ人にギブするのがよいのか?私が実践したギブする方法を詳しくご紹介します。

世の中にはギバーとマッチャー、テイカーの3種類存在する

世の中には「ギバー」と「マッチャー」「テイカー」の3タイプの人間が存在します。

  • ギバー=与え続ける人
  • マッチャー=損得のバランスを考える人
  • テイカー=人から搾取する人

 

世の中の割合的に言うと「マッチャー」の人が多いですよね。

  • ギバーでも2種類のギバーがいて、成功する人(トップギバー)と搾取だけされる人がいる。
  • 成功する「トップギバー」になる為には搾取ばかりする「テイカー」を相手にした際にギブせず、「マッチャー」になる必要がある。

 

これが一番難しいですよね

「ギバー」になって与え続けても相手が「テイカー」の場合搾取だけされる事になる。

それに人に与えるって難しい。

相手が望んでないものをギブしても、ありがた迷惑。

「トップギバー」になるには相手が知りたいと思っている情報や、喜んでもらえるものを見返りなく与え続ける必要がありますね。

私がトップギバーになるべく参考にした本は「give&take」という本です。↓

メンタリストのDaiGoさんや、キンコン西野さんも「give&take」についてYouTubeなどで話されてますので、こちらの本を読まれたのではないかと思います。

どういうギブの方法があるか考えてみた

私も「トップギバーになりたい」とは思ってみたものの、どんなギブをしたらいいか模索中。

そこで自分にできるギブはなにか?を考えてみました。

giveaway

give&take人に与える

インスタで最近よく見かけるgiveaway。

「giveaway」とは無料でプレゼントをあげるということです。

海外旅行先で買ったお土産をプレゼントしたり、今まで使っていた物をプレゼントしたり。

私も1度だけsnsでgiveawayをした事があります。

giveawayでは買ったけど着てないお洋服や帽子をプレゼントしました。

当選した人はあげたお洋服を旅行先で着用してインスタに投稿してくれたり、旅行の時の写真と共にメッセージを送ってくれて嬉しかったです。

ただgiveawayをするには自分のファンが多くないと難しいなと思いました。

giveしたくても、giveする相手がいない事には意味がないですからね。

もっと自分を応援してくれる人が増えるように頑張らないとダメだなと思いました。



質問には丁寧に答える

snsのダイレクトメッセージで、「バリのおすすめスポット教えてください」とか「このお店は予約必要ですか?」などメールが来る事があります。

その際には私のわかる範囲で、なるべく丁寧に答えるようにしてますね。

自分の知っている情報をギブする事で、相手にも喜んで貰えるのでこれからもメールには答えていきたいと思います。

インスタの投稿は写真以外にも情報をのせる

give&take

インスタを始めた頃は写真がとにかく重要だと思っていたので、この投稿を見た人は何が知りたいのかな?とかは考えていなかったんですよね。

とりあえず写真を加工して、「ここの場所おすすめだよ」とかそういう事しか書いてませんでした。

でも最近写真に加え、その旅行先の情報やおすすめ観光スポット詳しく紹介している人を見て衝撃を受けました。

これぞまさにギブ精神ですよね

現地の情報やおすすめ旅行先などを写真に添えるのは手間がかかりますが無料でできます。

ただめんどくさいし、そこまでしている人は少ないんですよね。

例えば京都のカフェに行った場合、

そのカフェの住所、定休日、営業時間、おすすめメニュー、注意点を書く

少し手間がかかるけどこの方法は続けて行きたいギブの1つになりました。

ブログ

ブログも1つのギブの手段ですよね?

アフリエイト で商品を売る人は別ですが、収益も出るかでないかわからないブログで相手の知りたいであろう情報を1記事2000文字以上書くのってギブ以外の何者でもない気がします。

ブログ100記事達成した報告記事にも書きましたが、ブログって1記事何時間もかかって書いて収益も最初はほとんどでない…。

でもブログを続けていくうちに共感してくれるブログ仲間ができたり、自分自身の成長にも繋がりました。

ブログを100記事書いたわかったメリット・デメリットの記事はこちらにまとめました。https://mahamuyu.com/blogkigi/



5分間で相手に何をギブできるか考える

5分間だけ相手にできる親切はあるかって人生において考えた事ありますか?

5分間で相手にギブする方法は

  • 人を紹介する
  • 相手に素直に意見をいう
  • 自分の知っている情報を提供する

 

5分間ならわずかな時間だし、今すぐ実践できますよね

ボランティアや募金

与える人ギブ&テイク

ボランティアや募金も1つのギブですよね。

記憶にも新しいオーストラリア森林火災。

ショップ運営されている方は、購入代金の50%〜100%をオーストラリアに寄付するという活動をされている方も。

オーストラリアの森林火災について何かできる事はないか考えましたが、今の私では何も出来ることがない。

今私にできる事といえば寄付すること。

オーストラリアの英語表記のサイトから寄付するのは抵抗があったので、snsで見かけたコアラの可愛らしいイラストのステッカーを購入しました。

購入したステッカー代金は全額オーストラリアのコアラ保護活動費に寄付された為、少しはギブできたのかな?と思います。

まとめ

人に与える、ギブするって難しいですよね

それにsnsでギブしても反応が少ないこともあるので、時々虚しくなる時も正直あります。

でも「givegivegive」精神で人に与え続けると、最終的には大きなエネルギーになって帰ってくる。

帰ってくるもの「take」は人とのつながりだったり、困った時に助けてくれる人が現れたり。

自分の得意なジャンルでギブするのが、一番負担もなく続けれるので私の場合はブログやインスタでの情報発信や質問に答えるというギブをこれからも続けていこうと思います。

5分間で相手に対して何かギブできるか?という点もこれからは意識していきたいですね。

あなたはgiveしてますか?

↓give&takeはこちら↓

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)