• HOME
  • ブログ
  • usa
  • 【注意】エスタの代行申請で詐欺にあいました。被害が続出中

【注意】エスタの代行申請で詐欺にあいました。被害が続出中

ESTA
usa

アメリカやハワイ、グアムに渡航される際に必ず必要な手続きESTA(エスタ)。

エスタって自分で申請しようとするとかなりややこしい…。

エスタ申請の際に偽サイトに騙されて、海外の代行申請サイトに高額請求されました。

本記事ではエスタ申請の際の注意点や、代行申請の詐欺サイトについてお話します。

ESTA(エスタ)って何?

ESTAはビザなしでアメリカに入国する人の情報を、入国前にチェックするためのシステムです。 ビザを持っている人はESTAの申請は必要ありません。

アメリカで飛行機を乗り継ぎする場合にも必ずESTAは必要になってきます。


ESTAを申請手配代行する?

ESTAを自分で申請する場合は14ドルで申請できます。

ですが初めて申請する人はややここしく面倒に感じる方も多いと思います。

そういう方は旅行代理店にESTAの申請手配代行を利用しても良いかと思います。

ただし、旅行会社に申請手配代行を依頼した場合、ESTAの申請料とは別に約6000円程かかってきます。

結構高いですよね。

お金がかかっても簡単に確実に済ましたいという方にはおすすめの方法です。

ESTAの偽サイトに騙されるな!

私は安く済ましたいので自分でESTAの手続きをしています。

ですがここで一番注意してほしいことがあります。

ESTA申請と検索すると公式のESTA申請のサイトとそっくりな代行会社のサイトが何個かあります。

代行会社はホームページ上でわかりやすく代行会社と書いてなく、公式のサイトのようになりすましたサイトの見た目になっています。

公式のページから申請すると14ドルの支払いですが、代行会社を間違えて使用してしまうと7000円程とられます。

私はこれで一回騙されて安く済ませようとしたのに7000円程とられてしまいました。

気がついた時にはもう遅くて、後からキャンセルしようと思っても「キャンセルできない」ということが書いてあるんですよね。

詐欺のような手法なのですが詐欺でもなくてちゃんとESTAの手続きはしてくれるんです。

でもキャンセルもできなければ、エスタと同じようなホームページの作りなのでほぼ詐欺に近いですよね?

ESTAって本当に聞きなれないしどういうサイトが公式かよくわからないまま手続きを進めてしまうので、こういう悪徳な方法がまかり通っているようです…。

いい勉強になったと思ったと思ってこの件に関しては諦めましたが、皆さんエスタの手続きされる際はご注意くださいね。

自分でESTAを申請する場合の注意点

自分でESTAに申請する場合必ずパスポートの有効期限の月を確認する事が大事です。

こちらも現実におこった話なのですがパスポートの月が英語なので6月JUNEを7月JULYに勘違いして手続きを完了させていました。

旅行会社の方が親切な方でESTAの確認をしてくださり発覚したのですが、確認せず渡航してたと考えると本当どうなっていたことか。考えるだけでおそろしいです。

1月:JANUARY
2月:FEBRUARY
3月:MARCH
4月:APRIL
5月:MAY
6月:JUNE
7月:JULY
8月:AUGUST
9月:SEPTEMBER
10月:OCTOBER
11月:NOVEMBER
12月:DECEMBER

 

ESTAを申請する際、パスポートの発行月や有効期限月など間違えて入力しても申請完了してしまうので間違いに気がつきにくいです。

まとめ

いかがでしたか?

ESTA(エスタ)の申請ってややこしいんですよね。

一番のおすすめは旅行会社に代理で申請してもらうのが簡単で確実です。

少しでも節約したいという方でご自身で手続きされる際は偽ESTAサイトに騙されないようにしてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)