バリ島に行く前に知っておきたい7つのポイント

バリ島
bali

バリ島に行く前に知っておきたい7つのポイント

「神々が住む島」バリ島。

バリ島は自然豊かで物価も安く、可愛いカフェもたくさんあるので次の旅行先の候補にいれてる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はバリ島にこれから旅行しようかと考えている方に是非読んでほしいポイントを7つまとめました。

バリ島に安く行ける時季は?




バリ島には乾季(4月〜9月)と雨季(10月〜3月)があります。

夏休みやお盆の時期が重なる7月中旬から8月はどうしても値段が高くなってしまいますね。

他にも5月のゴールデンウィークは値段が高いです。

バリ島旅行でおすすめの時季は乾季の6月〜7月中旬(15日くらいまで)ですね。

乾季でベストシーズンですし、値段も安いです。

バリ島5日間ツアーで一番安いホテルだと、燃油サーチャージ込みで5万円代で見つけることができます。

5万円代なら国内旅行と変わらない金額ですよね。

バリ島で泊まるホテルの場所はどこがおすすめ?

バリ島スミニャック

バリ島に滞在する際のホテルの場所は、「スミニャック」や「クタ」「ヌサドゥア」などがあります。

安く泊まるなら「クタ」エリア、利便性を考えるなら「スミニャック」エリア、家族連れやゆっくり過ごしたい方には「ヌサドゥア」エリアがおすすめです。

「ヌサドゥア」エリアにはリッツカールトンもあり日本よりもかなりお値打ちに泊まれます

↓リッツカールトンバリの情報はこちら↓

バリ島の通貨について

バリ島の通貨はルピアです。

Rp.1,000、Rp.2,000、Rp.5,000、Rp.10,000、Rp.20,000、Rp.50,000、Rp.100,000の7種類の紙幣があります。

0が多いのでお会計時混乱してしまいますが、基本的に0を2つとって計算したら一番わかりやすいです。

Rp.10,000→100円くらいの計算になります。

両替をする際にRp.10,000とRp.20,000を多めに両替しておくと便利です。

バリ島ではぼったくりに気をつけてください

バリ島では大きい金額の紙幣で支払うとお釣りをごまかされる可能性があります。

私も初めてバリ島に行った際にコンビニでお釣りをごまかされ、少額しかお釣りをくれませんでした。

見慣れないお札なので一瞬気がつかなかったのですが、すぐにお釣りをごまかされていると気がつき日本語で「お釣り少ないから返して」と言ったらしぶしぶ返してもらえました。

日本でコンビニの店員さんにぼったくりに合うことなんてありませんがバリ島は海外、少額支払いの際は大きいお金で支払わず、細かいお金を用意しておくと便利です。

バリ島でチップはどうしたら良いの?

バリ島のチップについてですが、私は下記のような感じでチップを渡しています。

⚫︎荷物を運んでくれたポーター→Rp.10,000〜Rp.20,000

⚫︎チャーター運転手やガイドの方→ Rp.50,000

⚫︎ハウスキーパー→ Rp.10,000

(2人で利用した部屋ならRp.20,000)

⚫︎部屋の備品を持ってきてもらったり、何か頼み事をした場合→Rp.20,000

 

Rp.10,000以下の小銭をチップで渡すというのは少額すぎて失礼にあたります。

枕元にチップを置く際も余った小銭でRp.10,000ぶんを置くのではなく、Rp.10,000の紙幣を置いた方が同じ金額でも相手が気持ちよく受け取れると思います。

バリ島での移動手段は?

バリ島タクシー

バリ島の移動手段は基本車かバイクです。

現地の人に運転してもらう方が、道も知っていて安心できるので、1番のおすすめは「車をチャーター」することです。

時間や人数にもよって料金も変わってきますが8時間で6000円前後の所が多いようです。

依頼する会社によってもサービスが異なりますが、私がバリ島で「カーチャーター」を利用した際は

⚫︎車内フリーWiFi

⚫︎ミネラルウォーター1本

⚫︎駐車場代

⚫︎高速利用の際の料金

などの料金も含まれていました。

旅行会社でもオプションでカーチャーターの手配予約も可能ですし、インスタグラムでもカーチャーターをしているバリ島在住の方がいらっしゃるのでインスタからでも予約ができますよ。

ちなみに私は前回のバリ旅行はインスタの@balitabiさんを利用させてもらいました。

バリ島ではひったくりにきをつけよう

バリ島ひったくり

私は今の所バリ島でひったくりや盗難に遭ったことはありませんが、バリ島の空港や市内などで携帯電話のひったくりが多発しています。

人が混雑している場所などはなるべく携帯電話などを出したり、お尻のポケットに入れたりしないようにしましょう。

よく日本ではデニムなどのポケットに携帯電話や財布を入れてる方がいらっしゃいますが、「とってくれ」と言っているようなものですからね。

ましてやここはバリ島、海外なのですから警戒が必要です。

私は心配性なのでバリ島旅行の際は念の為に携帯ケースにストラップもつけていきます。

スリも安全対策してる人とスキだらけの人を見分けていますから、できる限りの安全対策をした方が旅行中も楽しめると思いますよ。

↓スマホひったくり対策はこちら↓

まとめ

いかがでしたか?

「ひったくりに注意」や「お釣りをごまかされた」と聞くとバリ島に悪いイメージをもってしまうかもしれませんが、そういう悪人はごく一部でほとんどの人が優しく親切な人です。

可愛いカフェや自然もいっぱいあるバリ島は物価も安くておすすめの旅行先ですよ。

是非次の旅行はバリ島に行ってみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)