【実践済】イライラを抑える方法お教えします

アンガーマネージメント
mind

イライラや怒りを抑える方法は?

最近切れやすい人が増えてますよね?

「すぐ切れてしまう」「すぐイライラする」「すぐ怒鳴ってしまって後から後悔する」

こういうことで悩んでいませんか?アンガーマネジメントを習得すれば怒りはコントロールできるんです。



イライラを抑える方法「アンガーマネジメント」とは何?

アンガーマネジメントは1970年代にアメリカで始まった、イライラ、怒りの感情をマネジメント(上手に付き合う)ための心理トレーニングです。

アンガーマネジメントを取得しても決して怒らなくなるというわけではなく、怒らなくていいことには怒らずに済むようにする、上手に怒るという事を目標にしています。

最近ではアンガーマネジメントの講習を導入する職場が増えてるみたいですね。

私も実践中のアンガーマネジメントのやり方をご紹介します。

イライラを抑える方法その1「6秒ルール」

「イラッ」とした時から6秒間が一番怒りが強いと考えられています。反射的に言い返したり、行動したりすることを避ける為のルールです。

ルールは「イラッ」としてから6秒を自分の中で数えるという簡単なものです。

6秒ゆっくり数え、数える事に集中することがポイントです。



イライラを抑える方法その2「今の怒りを点数化する」

怒りの数値のイラスト

イライラしたらその怒りを10段階で数値化してみましょう。

怒りのレベルを数値化すると

  • 怒りを客観的に見れるため冷静になれる。
  • 怒りのレベル別の対策がとれる。
  • どういうことに自分が怒ってしまうのか傾向がわかる。

 

普段は気がつかないけど自分自身を分析してみると怒るポイントって一緒なんですよね。

私の場合だと

  • 嫌だと言ってるのにしつこく言われる。
  • 自分やまわりの人を否定される。
  • 約束をやぶられる。
  • 朝からいろいろ言われる。
  • 自分が良かれと思ってした事にケチをつけられる
  • キツイ言い方をされる

 

などが怒ってしまうポイントですね。

イラッとした時や喧嘩になった時、紙にどういう時に喧嘩になったかなど書いておくと自己分析に繋がり対処法も考えれると思います。

イライラを抑える方法その3「その場を離れる」

これは私もよくやる方法です。

「イラッ」として喧嘩になりそうになった時や軽く言い合いになった時に私は違う部屋に避難します。

これ以上同じ場所にいると喧嘩が更にヒートアップしたり嫌な気持ちになると思うからです。

少し1人でいると怒りもスーッと引いていくよ。

イライラを抑える方法その4「白い紙を思い浮かべる」

イライラ抑える方法

「イラッ」とした時に頭の中に白い紙を思い浮かべます。

色は白が基本ですが黒や緑、クリーム色でも良いそうです。

どの方法でも言える事ですが怒りが発生した時に全く別の事を考えたりして怒りから意識をそらすということがポイントです。

 

応用編でゴミ箱をイメージするという方法があります。イライラやモヤモヤした気持ちの時にゴミ箱を思い浮かべてください。

イライラモヤモヤした気持ちをグシャグシャに丸めてゴミ箱に捨てましょう。

わたしは6秒ルールよりこちらの方が合っているのでモヤモヤした時はこちらの方法を実践しています。

イライラを抑える方法その5「目の前のものを観察する」

ひたすら目の前にあるものを観察します。

例えば目の前にコップが置いてあるとします。

  • コーヒーがはいってる。
  • 花柄のコップだな。
  • 日本製か。

 

という風に観察していきます。他にも目の前にあるペンや座ってる椅子など何でもいいのでひたすら観察します。

この方法は以前読んだ本に実際にやってみて効果が出たと書いてあったのでやってみる価値はありそうです。

↓イライラする方におすすめの本はこちら↓

イライラを抑える方法その6「サプリメントをとる」

イライラするのは鉄分が不足しているからかもしれません。

鉄分を多く含む食材、レバーやほうれん草、ひじき、あさりなどを普段から意識して積極的に摂取しましょう。

毎日鉄分を食品から摂取するのが難しい方には鉄分のサプリがおすすめです。

私も「ちょっとイライラするな」と思う時には鉄サプリを摂取しています。

鉄サプリはイライラ改善に効果的なのでおすすめです。

↓飲むだけでイライラ改善、鉄サプリはこちら↓



鉄サプリを飲むときの注意点としては、コーヒーや緑茶以外の飲み物にしましょう

コーヒーや緑茶などに含まれるタンニンが鉄の吸収を妨げます。

イライラを抑える方法まとめ

いかがでしたか?

全部の方法を試してみて自分に一番合う方法を見つけるのがおすすめです。

どの方法でも最初は上手くはいきません。何度も練習や失敗を重ねて怒りをコントロールできるようにしていきましょう。

アンガーマネージメントは、一切お金もかからない方法ですので一度試してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)