• HOME
  • ブログ
  • sns
  • 【2019】次に流行るsnsはこれだ!ctimeアプリの口コミと使い方

【2019】次に流行るsnsはこれだ!ctimeアプリの口コミと使い方

sns

【2019】次に流行るsnsはこれだ!ctimeアプリの口コミと使い方

インスタグラムは楽しいSNSですが、インスタ映えを気にしすぎてインスタ疲れしてませんか?

そこで今回は次に流行るsnsと予想されているctimeについて、

口コミや実際にctimeを利用してみた感想も交えてご紹介していきます。

ctimeでは何ができるの?

ctimeでは

    • 動画や画像の視聴
    • チャットでの会話
    • 共通の趣味を持つもの同士の交流

Twitterとmixiを合わせたようなsnsです

ctimeを実際に使ってみた人の感想は?

良い口コミ

  • 優しい人が多い
  • ユーザー間の雰囲気が良い
  • 数あるsnsの中で一番アットホーム
  • 運営の人との距離が近い
  • 何か投稿すると必ず誰かが反応してくれる

悪い口コミ

  • 退会したくてもアカウントを削除できない
  • 人が少ない
  • バグが多い

※追記  現在改善され、退会する事が可能になりました。

まだ新しいsnsですのでバグなど発生していることもありますが、最初の頃よりどんどん機能などが改善されています。

Twitterで人気のインフルエンサーがどんどんctimeにも流れていってるよ

↓ctimeはこちらから↓

ctimeの使い方は?

●ライク=フォロー

●ポップ=いいね

●シェア=リツイート

●アカウント情報

プロフィール欄に生年月日、出身地など入力できます。

他の人からも見られてしまうので、個人情報を見せたくない方は出身地や生年月日を入力をしないようにしましょう。

間違えて入力してしまっても、あとから編集画面で修正可能です。

●チャット

お互いにライク(相互フォロー)をしている人同士で個別に会話ができます。

個別のチャットなので他の人に会話を見られる事はありません。

私も実際にctimeを使ってみた感想

私も実際ctimeに登録して使用してみた感想をまとめました。

  • Twitterのフォロワーが多い人はCtimeでもTwitterのフォロワーを獲得している。
  • ユーザーはCtimeの使い方を模索中の人が多い。
  • 雰囲気が良い
  • コメントしてくれた人がまさかのCtime社長だった!
  • フォローやいいねをしてもらっても通知が来るのがタイムラグがある。
  • Twitterよりも写真などを、アップしている人が多い。

 

Twitterのインフルエンサーはフォロワーを持ってるのでctimeでも強いですね

まだ利用している人が少ないsnsですのでctimeでインフルエンサーになろうと思ってる方が大半だと思います。

使い方を模索している方が多いように見えました。
私もどういう使い方をしたらより楽しめるか考えて利用していきたいと思います。

最初は何をつぶやいていいかわからない方には挨拶をお勧めします。

「おはようctime」「おやすみctime」とつぶやくだけで、何人かの人が必ずコメントをくれます。

↓ctimeはこちらから↓

公式インフルエンサーになるには?

まだ利用者が少ない今なら人気インフルエンサーになることも可能です。

公式インフルエンサーになる為の条件は下記の通りです。

公式バッジ付与に関しての基準は何ですか?

プロフィールへのアクセス数や投稿頻度やファン数等、投稿毎のインプレッション&エンゲージメント数などアカウントを運営する上で総合的な評価でバッジが付与されます。

バッジの種類にはブロンズ、シルバー、ゴールド、ティファニーブルーがあり順にランクが高くなっております。

参照:ctimeヘルプセンター

運営会社から公式インフルエンサーに認定されると商品がタダで貰えるんです!

しかも毎月何かしらの商品を送ってきてくれるんです。

送ってきてくれる商品は運営会社の方がインフルエンサーの投稿やプロフィールを見て商品を選んでくれます。

インフルエンサーに認定されたらプロフィールに欲しいものなどを書いてアピールするのも有効のようです。

ディズニーチケットや掃除機を貰った方もいらっしゃいます。

まとめ

いかがでしたか?

ctimeを実際に使ってみた感想はアットホームなsnsでとっても使いやすいアプリです。

まだ流行る前の今ならctimeのインフルエンサーになれるチャンスもあります。

令和に流行ると言われているsns、ctimeを今すぐ始めてみてはいかがでしょうか?

↓ctimeはこちらから↓

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)