• HOME
  • ブログ
  • life
  • 【パワハラで退職】会社都合に変えされる事が可能。失業保険をすぐにもらえる方法とは?

【パワハラで退職】会社都合に変えされる事が可能。失業保険をすぐにもらえる方法とは?

パワハラをする人
life

自己都合で退職したので失業保険を貰うまで3ヶ月かかるからどうしようと悩んでいませんか?

パワハラを受けた時には失業保険を早くもらえる方法があるんです。

失業保険を早く貰うには「自己都合」から「会社都合」(特定受給資格者)になるように申請すれば良いのです。

この方法を知ってると知らないとでは全然違いますよ?

それでは実際に私が行った方法をご紹介します。

パワハラで退職「自己都合退職」と「会社都合」の違い



退職理由は2種類あり「自己都合」と「会社都合」があります。

⚫︎「会社都合」とは経営破綻、人員整理により一方的に契約を解除される場合が該当します。

⚫︎「自己都合」とは病気、結婚、転職など自らの意思で退職する場合が該当します。

 

パワハラを受けて自ら退職した場合は「自己都合」退職となり、その場合はハローワークに離職票を提出後、約3か月後にしか失業給付金を受け取ることができません。

しかし「会社都合」退職の場合には、この3か月の給付制限がありません。しかも「自己都合」退職よりも長く失業保険が受け取れます。

ということは「自己都合」を「会社都合」に変えれたら嬉しいですよね?

でもそんな事無理でしょ?

いや無理じゃないんです。変更できる方法があります!

退職理由が「自己都合」でもパワハラやセクハラなどやむを得ない理由があって退職せざるを得なかったような場合は「特定受給資格者」として、「会社都合」と同じ給付を受けられることになっています。

会社都合から特定受給者資格者になるには?

まず職安に離職票をもって失業保険の手続きをしに行きます。

その際に「会社でパワハラを受けた」という旨を伝えてください。

そうすると職員の方から申立書というものを作成するように言われます。

特にフォーマットがある訳でもなく自分で作成するので簡単な内容で良いと思いますが、私はA4用紙2枚作成しました。

 

ここで重要なのはパワハラをされた際にいつ、何をされたかということを具体的に書き出しておく、もしくはボイスレコーダーで録音しておく事をおすすめします。

 

でもいざボイスレコーダーで録音しようと思ってもなかなか上手く録音できなかったりしますよね。

私の場合は退職する2ヶ月前からいつ頃、どのような事を言われていたかメモに書き出しておきました。

日付までメモに記録する方がより具体的かと思います。

私も申立書を作成する際文面を作成するのに手間取ったので私が実際に作成した際の文をよかったら参考にしてみてくださいね。

                           申立書                                            平成○年○月○日

氏名

住所

私は平成○年○月○日付で〇〇(会社名)を退職しましたが勤務中上司である〇〇のパワーハラスメントにより精神的に不安定になり勤務が困難となり退職しました。

具体的には○月〇日〇曜日…(パワハラを受けた内容を書く)

〇〇(上司の名前)の業務中のこのような態度は私の人格と尊厳を不当に害する行為であり退社理由は会社都合によるものと考えます。

つきましては〇〇(会社名)には退社理由を会社都合に変更を速やかに行っていただけるよう請求致します。

 

という感じで作成しました。

申立書を作成して職安に持っていき、その数週間後には「会社都合」退職に無事変更してもらえました。

もし心療内科など通院している場合は診断書を作成してもらい職安に提出しましょう。

何年も前の事なので思い出しながら書きましたが、職安の職員のかたが一番詳しいのでまずは職安に相談しに行ってみてくださいね。

パワハラで退職したあとに、会社都合に変更する方法まとめ

パワハラを受けて泣き寝入りしてはいけません。

私もパワハラを受けた時は本当に辛かったです。

精神状態も悪くなり毎日帰り道に涙が出てきましたし、食欲もなくなってしまいご飯もあまり食べれませんでした。

今思い出しても辛いです。

「会社都合」退職に変更してもらうのはパワハラを受けた人の当然の権利です。

今パワハラを受けて退職を考えている方は録音や、メモなどなるべく多く証拠を残しておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)